FC2ブログ
 
■プロフィール

hamashihoren

Author:hamashihoren

■ご意見・ご感想はこちら

お返事が遅くなる場合があります。 申し訳ありませんがしばらくお待ちください。

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メールフォームの都合で各項目とも「必須」 となっております。ご了承ください。

■最新記事
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

署名活動 (会長の部屋①)
 選挙も終わり、巷には世の中の変化を感じさせる空気が流れ始めているようです。
新政権への移行を手放しに喜んではいられませんが、少なくとも今までよりは
国民の生活や子育て支援に目が向けられるのではないかと期待されます。
そのような勢いにのって、署名活動を盛り上げたいものです。

 今年の署名活動の大きな目標は、私たちの「誓願」が浜松市議会で「採択される」ことです。
私たちが生活する環境や立場は個々に違いがあり子育て支援や保育に求める内容は
千差万別です。保育料についても妥当と考える人もいれば、高すぎると感じる人もいます。
そこで、多少の意見の相違は目をつぶり、”小異を捨てて大同につく”姿勢で請願書を検討しました。
そして、「公的保育制度を解体する保育制度『改革』を許さない」を誓願主旨とし
「制度『改革』よりも待機児童解消を」「保育所への直接契約、保育料の応益負担方式の導入反対」
「子育て支援の予算の大幅増額」等を誓願項目として掲げることとしました。

これは全国保育団体連絡会(全保連)が国会に提出し、3年連続して国会において
全会派一致で採択された誓願とほぼ同様の内容です。
保護者や保育関係者の皆さんの様々な願いや声は、先日実施した
「我が家の願いアンケート」結果を添えて市議会に伝えたいと考えています。
誓願署名への協力よろしくお願いします。
みんなの力で国会や浜松市議会に訴えていきましょう。

 最後に、私たちの地味な取り組みには少々大げさかも知れませんが
辛 淑玉さんの著作 「その手に乗ってはいけない!」(ちいさいなかま社)より引用します。 

「支えあうべき人と、闘うべき相手を取りちがえている。しかし
 そうやって手をとりあうことができない状態にもっていくのが、支配する側の戦略なのだ。」


2009.9.7 市保連会長 澤木 和弘


・・・・今回、ブログ管理人から無理やりのお願いで、市保連現会長の澤木さんに
「会長の部屋」と題して何か書いてください!とお願いして書いていただきました。
快く承諾してくれた澤木さん!!ありがとうございました(´Д`)  

是非是非②もお楽しみに★・・・・・・


ohirume.gif






会長の部屋 | 23:45:58